用途変更手続きも施工もワンストップで可能!CABONの業務と実績を紹介

 

長年事業活動を続けていると、社屋や店舗が老朽化し、根本的な作り直しが必要になることがあります。また、事業変更などによって、建物の中身を別物に作り変えなければならないこともあるでしょう。そのような時は、株式会社CABONにお任せください。今回は、弊社の事業内容や実績を紹介します。



■CABONの事業内容


CABONでは、リノベーションやコンバージョンを設計から施工までワンストップで提供しています。これらはリフォームと混同されることもありますが、実はまったく異なる手法です。それぞれの特徴を見ていきましょう。



▼コンバージョン(用途変更)

コンバージョン(conversion)とは「変換」という意味です。住宅をオフィスに、あるいはオフィスを店舗になど、既存の建築物の用途を変えることを指します。時代に合わなくなってしまった建物でも、現代のニーズに合った用途に変更すれば、その価値を飛躍的に高められるでしょう。空き家や空きビルを活用し、さまざまな事業計画を実現するためには欠かせない工事です。


コンバージョンを行うには、建物内部の構造や設備を大きく変更する必要があります。それでも、1から建物を作るよりは費用が抑えられ、開業までのスピードも早いのが魅力です。しかし、その過程で多くの方が忘れがちなことがあります。それは、用途変更の手続きです。


防耐火・排煙設備の設置や避難経路の確保など、建築物に関わる法律は多岐にわたります。用途を変更するなら関連法規も変わりますから、役所に申請して検査を受け、合格しなければなりません。確認を怠ったまま用途変更を申請すると、開業当日になって不備を指摘され、トラブルを招くおそれもあります。


しかしながら、建築物の遵法性を1つ1つ確認し、必要な書類を作成するのは簡単ではありません。そもそも建築基準法では、用途変更の確認申請は建築士でなければできないと定められています。CABONには1級建築士も在籍しているため、複雑な確認・申請業務も代行し、設計も施工もトータルサポートできるのが強みです。



▼リノベーション

リノベーション(renovation)とは「刷新」という意味です。リフォームが「老朽化した部分を新築時のように修繕する工事」なのに対し、リノベーションは「建物の根本的な部分からの工事」を行います。つまり、新築時の状態にプラスアルファを行い、機能や価値が向上した姿を目指すのです。


たとえば、耐久性・耐震性・断熱性などを高める工事は、リノベーションの一種といえるでしょう。オフィスであれば、素敵なデザインを取り入れて従業員のモチベーションアップに。店舗であれば、動線を考えたレイアウトを実現し、集客力アップにつなげることができます。オリジナリティあふれる近代的な住宅を作ることも可能です。


CABONではお客様の希望を叶えるため、十分なリアリングを行っています。ぜひ、リノベーションにかける想いや趣味、価値観などをお聞かせください。設計デザイナーと密に連携し、お客様の理想をCABONがカタチにいたします。



■CABONの実績


CABONは2014年に設立し、東京を拠点に一都三県で商業リノベーションを展開してきました。1級・2級の建築士をはじめ、高い技術を持ったスタッフが在籍しています。建設業の許可および一級建築士事務所の登録も済ませておりますので、安全・安心です。


また、施工実績も豊富で、数々の用途変更やリノベーションを手掛けてきました。無機質な倉庫を洋風のウッド調の飲食店に、ごく一般的な事務所を楽しい保育所に、そして飲食店を高級感のあるホテルに生まれ変わらせてきたのです。多くの事例にて、確認申請・設計・内外装工事をすべて弊社で行うことができます。


新規出店をお考えの方や会社、店舗のリノベーション工事やコンバージョン工事をご検討中のお客様は、ぜひCABONにご連絡ください。工事の相談や見積もりは無料で対応可能です。お問い合わせをお待ちしております。


《施工事例はこちら》

https://cabon.co.jp/showcase