工事を成功させるためには必須!用途変更の業者選びのポイント

 

用途変更を考えている方にとって、最初の悩みどころが業者選びです。「変な業者に依頼してしまったらどうしよう?」と不安な方もいるのではないでしょうか。実は、業者選びで失敗する大きな要因は、『金額だけで業者を決めてしまう』ことです。今回は、満足できる用途変更のために、信頼できる業者の選び方について解説します。



■自分と相性のいい業者を選ぶことが重要


用途変更の業者を選ぶ時、まず注目したいのが「対応範囲」です。リフォームの前には現地確認をしてもらい、工事内容の相談や見積もりの確認を行わなければなりません。用途変更する際には書類の準備や実際の申請作業も必ず行う必要があります。場合によっては申請はご自身でして下さい、といった場合や申請は建築事務所で施工は施工業者というようにバラバラに依頼することがあります。しかし、それでは中間マージンがかさむばかりではなく、打ち合わせや依頼する手間もかかってしまいます。こういったやり取りをスムーズにするためにも、できれば一貫して申請から施工、そしてアフターサポートまで任せられる業者を選ぶことをお勧めします。


また、とりあえず有名な大手業者に依頼する方も多いと思われます。しかし、大手は従業員が多い分、その知識や技術の質も一定ではありません。さらに、支店によってサービスの質が違うこともあります。「大手だから大丈夫だろう」ではなく、担当者と実際に話をしてみて、信頼できると感じたら依頼することが大切です。


そして、アフターフォローも忘れてはいけません。施工箇所の劣化速度は環境に左右されるので、どれだけ丁寧に施工したとしても、比較的早い段階で不具合が起きる可能性はあります。大規模な工事であればあるほど、アフターフォローの期間が長い業者を選ぶべきでしょう。


まとめると、自分と相性のいい業者を選ぶのが大切ということです。知名度や料金の安さに惑わされず、総合的に判断してください。




■信頼できる業者の見極め方


リフォーム業界には、残念ながら悪質な業者も少なくありません。手抜き工事や不当な料金請求を避けるには、相性以前の問題として、安全で信頼できる業者を選ぶことが大切です。以下のポイントを兼ね備えている業者は信頼性が高いので、契約前にチェックしてください。


・希望する工事の施工実績が豊富である

・要望に合わせた提案をしてくれる

・質問に対し、的確に回答してくれる

・契約を急かさない

・事故が起きた時などの補償が充実している

・他の業者と比較した上で、料金が不自然に高すぎない・低すぎない

・有資格者が対応している



■業者の本質は打ち合わせに表れる。専門分野にも注目


業者の良し悪しが最もよくわかるのは、担当者との打ち合わせの段階です。事前に調べた情報がどれだけ魅力的でも、打ち合わせ中の様子に問題があれば、その業者に依頼するのはお勧めできません。


まず、打ち合わせに時間をかけようとしない業者は、その時点で論外です。まったく同じリフォームは1つとして存在しないのですから、現場をしっかりと確認した上で、依頼者の要望を十分に聞かなければなりません。それを怠る業者に、まともな仕事は期待できないでしょう。説明がいい加減な業者や、打ち合わせ内容を書面に残さない業者も同様です。


また、どれだけ優秀な業者であっても、専門分野以外の工事は依頼するべきではありません。外壁塗装がメインの業者に、壁の内側の断熱リフォームを依頼したとしても、うまくいくとは限らないのです。希望するリフォームを専門とする業者が近くにいるなら、まずはその業者に相談してみるのが望ましいでしょう。



■申請から設計、施工までワンストップ!用途変更のCABON


東京都江戸川区の株式会社CABONは、一都三県で用途変更やリノベーションを手掛ける会社です。十分なヒアリングや打ち合わせを行い、お客様の想いを施行に反映させることを大切にしています。用途変更の基礎知識などもご説明し、ご要望に応じた提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にご連絡ください。