リノベーションや用途変更を施工店に直接発注するメリット・デメリット

 

ゲストハウスや民泊など、建物を新たに有効活用したいと考えている方が増えてきています。リノベーションや用途変更をして物件の価値を高めることで、新しいビジネスが展開できます。


ただし、店舗やテナントをリノベーションする際、どこに依頼するかによって費用が大きく異なることもあります。そこで今回は、施工店に直接依頼する場合のメリット・デメリットについてご紹介します。




■依頼先によって費用や施工内容が変わる


大手メーカーに依頼すると安心感がありますが、工事は下請け業者に任せきり、というケースも多くなっています。要望が上手く伝わっていなかったり、細かな修正に対応してくれなかったりすることもあるので、注意が必要です。


また、「デザインにこだわりたいので設計事務所に依頼する」という方もいらっしゃるでしょう。設計事務所では、工事を行う工務店の請負価格に設計料が足されるので、メーカーや工務店に頼むより費用は高くなります。


大手メーカーや設計事務所に依頼した場合でも、実際に工事をするのは施工業者です。最近はネットで情報を手に入れられるため、施工店のホームページで工事内容や施工例を見て直接依頼する方も増えています。




■施工店に直接依頼!メリットとデメリット


リノベーションを施工店に直接依頼する場合は、依頼したい内容や費用を考えてメリット・デメリットをよく検討するようにしましょう。



・直接依頼するメリット

メーカーや設計事務所に支払う分がなくなるので、大幅に費用を削減できます。その分内装をランクアップさせたり、リノベーション以外の費用に当てたりすることも可能になります。施工業者と直接打ち合わせできるので、理想のデザインを形にしやすくなるでしょう。特にデザインにこだわりたいという方にはおすすめです。


・直接依頼するデメリット

施工店には得意分野があり、用途変更に対応していない場合もあります。用途変更の書類作成など、施工店で請け負えない部分があると別の業者に依頼することになり、時間やコストがかかってしまいます。施工技術やデザインも業者によって異なります。施工店を探す際には、希望しているリノベーションや用途変更ができるかどうか、事前に確認が必要です。




■CABONは設計から施工までワンストップ



CABONでは、テナントや店舗のリノベーション、用途変更の施工実績が豊富にあるので安心してお任せいただけます。施工事例一覧(https://cabon.co.jp/showcase)やインスタグラム@cabon_co(https://www.instagram.com/cabon_co/)でもCABONが手掛けたリノベーションをご紹介していますのでぜひご覧ください。「倉庫から飲食店」「事務所から保育所」などの用途変更にも対応しています。


加えて、弊社には一級建築士が所属しており、用途変更などの手続きから設計、施工までワンストップでのサービスが可能です。リノベーションやコンバージョンを検討されている方は、東京都江戸川区の株式会社CABONまでお気軽にご相談ください。