質問が多かった共同住宅への用途変更、くわしく解説いたします!

 

東京都を拠点に、リノベーション・コンバージョンなど、用途変更の手続きから設計施工までをワンストップで手がける株式会社CABONです。


8月に当ブログでご紹介した、診療所から共同住宅への用途変更事例(https://cabon.co.jp/blog/column/131880)について多くのお声をいただきました。


こんな風に自分も休眠中の物件を活用したい、診療所がこんなにスタイリッシュな共同住宅に生まれ変わるなんて……といったご感想とともに、『共同住宅への用途変更の場合、建築基準法に規定されている「2以上の直通階段」はどう対処したのか』、というご質問もいただいております。

今回は、このご質問と「2以上の直通階段」について解説してまいります。



■建築基準法で規定されている「2以上の直通階段について」



まずは、「2以上の直通階段」について、おさらいしてみましょう。

これは避難規定の一種でいわゆる二方向避難と呼ばれている、建築基準法施行例令121条による規定です。かんたんに言うと、災害時に片方の避難経路がふさがってもいても、もう一方の経路で逃げられるように階段を2つ設置する、という内容です。


「2以上の直通階段」はすべての建物に適用されるわけではなく、用途や床面積、階数によって要否が決まります。たとえば共同住宅、児童福祉施設等・病院は設置が必要になります。


そして診療所も同様です。診療所は、主たる用途に使われる面積が50㎡超(準耐火構造の建物なら100㎡超)の場合に「2以上の直通階段」が必要になるという厳しい設置基準が設けられています。

そのためご紹介した物件では、すでに2つの階段が設置されており、「2以上の直通階段」を問題なくクリアできたという次第です。



■事務所ビルや空きテナントを福祉施設や共同住宅に変更する時の「2以上の直通階段」問題は?



ちなみによくお問い合わせをいただくのが、「事務所ビルが空き家になって困っている。立地的に店舗や飲食店は難しいから賃貸住宅にしたい」「事務所ビルを児童福祉施設(デイサービスや保育所など)に用途変更したい」というケースです。


前項で「2以上の直通階段」はすべての建物に求められるわけではない、と記しましたが、「事務所」には「2以上の直通階段」の設置が求められていないので、事務所ビルは最初から「2以上の直通階段」が設置されていないケースが多々あります。一方で、児童福祉施設や共同住宅にする場合は「2以上の直通階段」が必要に。


したがって事務所ビルを児童福祉施設や共同住宅に用途変更する場合は、階段を新たに設置しなければなりませんが、屋内に新設すると床スラブを貫通させる躯体工事が発生し、大がかりな工事になってしまいます。屋外に設置するとしても、敷地に階段を設置する余地がなかったり、避難通路の確保が難しく設置できないケースもあります。


だからといって、諦める必要はありません。キーとなるのが、面積による条件緩和です。


建築基準法第121条1項4号・5号において、児童福祉施設の場合は、主用途に該当する居室の床面積の合計を50㎡(準耐火構造物の場合は100㎡)以内に抑えると、「2以上の直通階段」の設置は不要になります。


共同住宅であれば居室の床面積の合計を100㎡(準耐火構造物の場合は200㎡)以内に抑えるよう面積調整をすれば、「2以上の直通階段」は設置しなくても大丈夫。「居室」には、トイレや浴室などは該当しないので、小規模な施設や世帯数の少ない共同住宅の場合はやりやすいでしょう。



■一部の建物では設置基準の緩和も


また令和2年4月1日に施行された改正建築基準法施行令により、「2以上の直通階段」の設置基準が緩和されました。


対象となるのは、病院や児童福祉施設等、またホテルや共同住宅のうち、階数が3以下・延べ面積が 200㎡未満の小規模な建物です。

直通階段の部分とそれ以外の部分とを、特定階(避難階以外の階)の用途に応じて間仕切壁あるいは防火設備により区画した場合は、「2以上の直通階段」を設置する必要がなくなりました。


戸建て住宅(準耐火あるいは不燃)や小規模なビルなどを保育所や福祉施設などに変更する際に有効なので、空き物件をおもちのオーナー様は一考の価値ありです。



■空き家や空きテナントを有効に活用! 用途変更はCABONにご相談を



東京都江戸川区の株式会社CABONは、用途変更業務のプロで、確認申請から設計・の施工まで一気通貫したサービスが可能です。

ご要望に応じて家具の制作にも対応しており、安全性が求められる保育園の遊具を制作した実績もございます。

さまざまなコンバージョン実績がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて無料でお見積りをさせていただきます。


<関連記事はこちら>

https://cabon.co.jp/blog/column/131880


<この記事の施工事例はこちら>

https://cabon.co.jp/showcase?tag=4785